Skip to Content

ズワイガニ

2014年10月26日 • 雑学

大きな身が楽しいタラバガニなのだが、味は少しだけ淡白ですので、その状態で煮てから召し上がった場合よりもカニ鍋に入れて頂く方が絶品だとの意見が多いです。

人気のズワイガニは雄と雌で体格が異なり、雌は概ね当たり前のように卵を抱いている様態なので、水揚げが行われる拠点では雄と雌を全然違うカニとして取り引きしていると思います。

そのまんまの美味しい花咲ガニをたのんだならば、食べようとしたとき手を傷めてしまうことを想定して、軍手や料理用手袋をちゃんとつけたほうが安全に調理できます。

「日本海産は優良」、「日本海産は別物」という心象があるのは確かですが、観光地で恵まれているカナダの沿岸部、恵まれた漁場として知られているオホーツク海、波がとても荒いベーリング海もズワイガニにしてみれば「生きやすいところ」なのである。

冬のグルメの代名詞タラバガニの水揚量第一位は北の大地北海道なのです。なので、食べ応えのあるタラバガニは、北海道の産地からすぐ配達で対応している通販でお取寄せするようにしたほうが絶対いいのです。

Categories: 未分類
Comments Off on ズワイガニ

Categories