Skip to Content

依頼者

2017年1月28日 • 雑学

調査をする対象が車やバイクでどこか別の場所へ行くのを追う場合には、調査を行う業者に対しては車などの車両か単車などでの尾行を主とした情報収集活動が要求されています。
原則として浮気調査と銘打った情報収集活動には、既婚であるにもかかわらず配偶者以外の男性もしくは女性との間に一線を越えた関係を行うような一夫一婦制から逸脱した行為の追跡なども織り込まれています。
業者の探偵員は、依頼者との調査契約が交わされると、聞き込み調査、張り込みや尾行調査、その他により、対象となる人物の居所や行動に関する情報を集め、結論を調査依頼をした人にレポートとして提出します。
相手女性がどういう人物であるかが判明したのであれば、ご主人に慰謝料などの支払い等を要求するのは当然の権利ですが、不倫相手にも慰謝料その他を要求できます。
男性には所詮は遊びで性欲を満たすためのスリリングな遊びとしての浮気心との解釈だと思いますが、その対象とされた女性にとっては遊びなどではなく本当の恋愛をしたい相手に進んでしまう可能性があります。
浮気がばれて夫が謝るどころが逆に怒り出し手の付けようがないほど暴れたり、人によっては家出して不倫相手と同棲してしまうことも多々起こります。
不倫という行為はたった一人ではまず実行することはあり得ないもので、一緒に行う存在があってそこで初めて実行可能となるのですから、民法719条の共同不法行為に該当します。
自分の夫の不貞行為に感づいた時、逆上して感情に任せて相手に何も言わせずにきつく問い詰めてしまいたくもなりますが、そういう行動は良い判断ではありません。
実際問題としてどのように進めていくかというのは、依頼する側や対象者の状況や境遇が違うことから、契約を結んだ際の細かい話し合いによって探偵調査員の適正な人数や調査に使う機材や車両を使用するか否かなどについて改めて取り決めます。
不倫行為を行ったところで、相手も合意してのことであれば罪にはならないので、刑法で罰を与えることは極めて困難ですが、人間として許されることではなく支払うべきものは大変大きなものであることは間違いありません。
ターゲットが車などの乗り物を使って別の場所に行こうとする場合に、居場所の確認のため小型GPSなどの追跡機をターゲットの車にわからないように仕込む行動は、本来の使用目的とは異なる使い方であるため明らかに違法となってしまいます。
悪徳な探偵社は「調査料金が桁外れに高額」であったりとか、「ぱっと見の費用はとても安いのに請求額は思いがけない高さになる」との事例が頻繁に見られます。
それぞれの探偵事務所によりバラバラですが、浮気調査にかかる費用をはじき出す計算方法は、1日につき3時間から5時間の拘束、調査委員の出動人数2〜3名、遂行が困難と思われる場合でも4名体制までとするような浮気調査パックを設けており必要に応じてオプションが追加されます。
よく耳にする浮気とは、他に夫や妻がいる者同士の関係も同様になりますが、異性との交際という観点で公認の恋人とされる人物と交際している状況をキープしたまま、内緒で本命以外の人と深い関わりを持つことを指します。
浮気や不倫に関しての調査依頼をするかどうかはまだ決めていなくても、心を落ち着けて旦那さんの行動について探偵業者に打ち明けて、浮気の可能性があるかに関してのアドバイスをしてもらうというのも選択肢の一つとしていいかもしれません。

Categories: 未分類
Comments Off on 依頼者

Categories