Skip to Content

油脂

2017年3月23日 • 雑学

スマートフォンの光のちらつきを抑えるPC専用の眼鏡がことさら人気を集めている訳は、疲れ目の予防に多くの人々が苦労しているからです。
内臓に脂肪が多いことによる肥満と診断されて、油脂の摂りすぎなどによる「脂質過多(ししつかた)」、「血圧(blood pressure)」、高血糖(こうけっとう)の中で2項目以上に相当する様子のことを、メタボ(メタボリックシンドローム)と名付けています。
花粉症の病状(鼻水、酷い鼻づまり、連発するくしゃみ等)のために夜間しっかり睡眠を取れないと、それが災いして慢性の睡眠不足に陥り、翌朝からの仕事に思わしくないダメージを与えることもあるのです。
年々患者数が増加しているうつ病では脳の中の神経伝達物質である「セロトニン」が足りなくなり、強い憂うつ感、不眠著しい倦怠感、食欲の低下、強い焦り、意欲の低下、そして重症の場合自殺企図等の危険な症状が心身に現れます。
好気性桿菌のひとつである結核菌は、患者が「せき」をすることで内気の中に排出され、空中でフワフワと漂っているのを今度は他の人が吸い込むことにより拡がります。
いんきんたむし(陰金田虫)という病気は20代〜30代の比較的若い男の人に多く確認されており、大抵の場合は股間部にのみ拡大し、激しく体を動かしたり、入浴後など体が熱くなった時に強烈なかゆみを起こします。
吐血(とけつ)も喀血(かっけつ)も口腔から血を吐くことですが、喀血の方は喉から肺に続いている気道(呼吸器の一つ)から血が出ることで、吐血というものは十二指腸よりも上部にある消化管からの出血のことを表しています。
基礎代謝(Basal Metabolism、BM)とは人間が動かずにじっとしていても燃えてしまうエネルギー量のことで、その5割以上を体中の骨格筋・最大の内臓である肝臓・多量の糖質を必要とする脳が占めるのです。
現代のオペ室には、洗面所や専用の器械室(apparatus room )、準備室(preparation room)を備え、オペ中にレントゲン撮影できるX線装置を置くか、近辺にX線装置のための専門室を付属させるのが一般的だ。
汗疱状湿疹(汗疱)とは主に手のひらや足の裏、指と指の間などにブツブツの水疱が現れる症状で、おおむね汗疹(あせも)と呼ばれ、足の裏に出てくると水虫と勘違いされるケースもよくあります。
肝臓を健やかな状態にキープするには、肝臓の毒素を分解する力が下がらないようにすること、即ち、肝臓を老化させない対策を迅速に実行することが有効です。
開放骨折により大量に出血してしまった時に、血圧が急降下して眩冒や冷や汗、嘔吐感、意識喪失などの不快な脳貧血症状がみられることがあります。
人間の体を維持するのに必要なエネルギーとしてすぐに働く糖、新陳代謝に必ず要るタンパク質など、厳しいダイエットではこんな体を維持するために外せない栄養までもを乏しい状態にする。
脂漏性皮膚炎という皮膚病は皮脂分泌の異常が原因で出る湿疹で、分泌が異常をきたす主因としてステロイドホルモンの一種である性ホルモンのバランスの乱れ、リボフラビンなどビタミンB複合体の不足等が大きいと考えられているのです。
まず間違いなく水虫といえば足を連想し、中でも足の裏や指の間にできやすい病気として認知されていますが、原因菌である白癬菌が感染する部位は足に限定されているわけではなく、体のどこにでもかかる危険性があるので注意してください。

Categories: 未分類
Comments Off on 油脂

Categories