Skip to Content

栄養バランス

2017年5月26日 • 雑学

基礎代謝量(kcal)とは就寝中ではなく覚醒状態で命を維持していく(心臓、鼻からの呼吸、腎臓の様々な活動、体温や筋緊張のキープ等)ために外せない基礎的なエネルギー消費量のことをこう呼んでいます。
栄養バランスのいい食生活や適度な運動は当然ですが、心身双方の健康や美のために、栄養を補うために様々な成分のサプリメントを摂る事が一般的なものになっているそうです。
内臓脂肪過多の肥満が確認され、油脂の摂取などによる「脂質過多(ししつかた)」、塩分の摂取などによる「高血圧」、糖分の摂りすぎなどによる「高血糖」の中で2個以上に相当する様子を、内臓脂肪症候群と言っています。
季節性インフルエンザワクチン(seasonal influenza vaccine)では、現在までの膨大な研究の成果から、注射の効果を見込めるのは、接種の約2週間後から5カ月間ほどだろうということが分かっています。
昨今、比較的若い世代で結核(けっかく)に対抗できる力を持たない人達の割合が高くなっていることや、自己判断のために診断が遅れることが原因の集団・院内感染が増えていると言われています。
エイズ(AIDS)とはヒト免疫不全ウイルス(HIV)の感染が原因となって生じるウイルス感染症のことで、免疫不全へと至り健康体では感染しにくい病原体による日和見感染やがんなどを発症する病状そのものの事を称します。
今時の手術室には、トイレや専用の器械室(apparatus room )、準備室(preparation room)を併設し、オペ中にレントゲン撮影するためのX線装置を設置しておくか、そうでなければ近くにレントゲン撮影用の専門室を設置しておくのが常識だ。
くも膜下出血(SAH)は90%近くが「脳動脈りゅう」と呼ばれる脳内の血管にできる瘤(こぶ)が破裂して脳内出血する事でなる命にかかわる病気として知られています。
日本における結核への対策は、長年、1951年に生まれた「結核予防法」に沿って実施されてきましたが、56年後の平成19年からは異なる感染症と等しく「感染症法」という名前の法律に基づいて遂行されることになったのです。
H17年2月以後新たにトクホ(特定保健用食品)の容器において「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」といった注意喚起の文言の明示が義務化した。
塩分や脂肪の大量摂取を中止して無理しない程度の運動を行い、ストレスの少ない毎日を続けることが狭心症を誘引する動脈硬化を事前に防止する知恵なのです。
肥満の状態というのは言うまでもなく食生活の内容や運動不足が因子になっていますが、同量の食事であれ、あっというまに終了する「早食い」をし続けたならば脂肪過多に陥っている肥満(obesity)を招きやすくなります。
狭心症(angina pectoris)の外科的な施術としては大方の病院で「大動脈内バルーンパンピング法(IABP法)」と「冠動脈(かんどうみゃく)バイパス移植術(CABG)」の2種の治療方法が頻繁に活用されています。
30〜39才の間に更年期がやってくるとすれば、医学用語で表現すると「早期閉経」という女性疾患に当てはまります(我が国の場合は40才以下の女性が閉経する症状を「早発閉経(POF)」と定義付けています)。
内臓脂肪症候群(メタボ)であるとは言われていなくても、内臓脂肪が多めに溜まりやすい手合いの悪い体重過多を抱えるということで、様々な生活習慣病に罹患しやすくなります。

Categories: 未分類
Comments Off on 栄養バランス

Categories