Skip to Content

個人の考え

2014年10月15日 • 雑学

平和に対する意識とか、望みとか願いとか、そんなものは自身が子供だった頃から頻繁にあった。
夏休みの期間には平和学習があり、

終戦記念日には学校まで行かされ、平和に関する授業とか映画とか、学ばされることはあった。 それが、今の日本では大人たちのエゴに付き合わされて子供たちが利用されてる気がする。 もし、自称平和主義者が平和を望むなら、露国にでも中国にでも、浮気調査 佐賀内戦や紛争が続く国や、そんな地域に行って、政府や組織の代表たちに対話を求め、戦争を回避するための提案を述べて来たほうが利口だろう。
こういう書き方・言い方をすると、語弊や誤解を与え、気を悪くする方(とくに女性の方や男女差別反対派の方)も居るだろうが、それらを畏れずに言うなら、個人の考えとして男女差別は有って当然のものと思う。 それは女性を軽視したり、見下したりする意味での差別と少し違う。
どちらかと言えば、亭主関白や男尊女卑の思考に近いと、身近な友達から指摘されるが、確かに亭主関白や男尊女卑の思考は強いと思う。 しかし、都議会の場で問題発言をした議員との違いは、単に女性を貶めるような意味での差別意識ではない。

Categories: 未分類
Comments Off on 個人の考え

Categories