Skip to Content

神経細胞

2017年4月13日 • 雑学

近年患者数が増加している花粉症とは、森林の杉や檜、ブタクサなどの虫によって媒介されない花粉がアレルゲンとなって、くしゃみ・目や皮膚のかゆみ・微熱・鼻水などの憂うつなアレルギー症状を主訴とする病気だと広く知られています。
はりを皮膚に刺す、という直接的な程よい多数の刺激は、神経細胞を活性させ、神経インパルスと言われる要は電気信号の伝達を誘発すると言われています。
過飲過食、肥満、消費カロリーの低下、不規則な生活、日々のストレス、高齢化などの様々な素因が合わさると、インスリンの分泌量が減少したり、機能が鈍化したりして血糖値が高くなる2型糖尿病を発病することになります。
うつ病は脳の中で分泌される神経伝達物質のセロトニンが不足することにより、憂うつ、なかなか入眠できない不眠、なかなか抜けない疲労感、食欲の低下、焦り、意欲の低下、希死念慮、そして重症になると自殺企図などの深刻な症状が見られるのです。
自動体外式除細動器(AED)というものは医療資格を有していない非医療従事者でも使える医療機器で、AEDからの音声ガイダンスに沿って行動することで、心臓が細かく震える心室細動に対する緊急処置の効果をもたらします。
亜鉛は、細胞の遺伝情報(DNA)やタンパク質の合成に関係している特殊な酵素や、細胞・組織などの代謝機能に関係している酵素など、200種類以上もある酵素を構成する物質として絶対なくてはならないミネラル分だといわれています。
「体脂肪率」というものは、体の中の脂肪の占めている%で、「体脂肪率(たいしぼうりつ、パーセント)=体脂肪量(somatic fat volume)÷体重(body weight)×100」という式によって弾きだせます。
乳幼児が受ける予防接種の不活化ポリオワクチンは、長年使用されてきた生ワクチンにかわって、2012年9月1日から原則無料で接種することができる定期接種として導入されるため、集団接種ではなく小児科などで接種してもらうスケジュール管理の必要な個別接種という扱いになりました。
環状紅斑(かんじょうこうはん)とは何かというと環状、つまりは円い形状をした赤みを帯びた発疹や薄皮が剥ける鱗屑(りんせつ)など、皮ふのトラブルの総称であり、その原因は余りにも多種多様ということで知られています。
植物の中に存在する化学物質、フィトケミカルの仲間のスルフォラファンというブロッコリーに含まれる揮発性の物質が、肝臓の持っている解毒酵素の順調な発生を促しているかもしれないという新たな事実が判明してきました。
前立腺という生殖器は生育や活動に雄性ホルモンが大変深く関わり、前立腺に発現した癌も同じく、雄性ホルモンに影響されて大きく成長してしまいます。
耳鳴りには種類があって、当事者にしか聞こえないことを特徴とする「自覚的耳鳴り」と、血が流れる音のように当事者以外にも性能の良いマイクロホンをあてると響いている点が特徴の「他覚的耳鳴り」があるのです。
PC画面のチラつきを軽減させる専用メガネが最も人気を博している訳は、疲れ目の対策にたくさんの方々が努めているからだと考えることができます。
むねやけが主訴である逆流性食道炎は、食事内容が欧米化したことや受動喫煙・アルコールの常飲・脂肪過多等の生活習慣が悪化したこと、ストレス等によって、今日本人に増加しつつある病気なのです。
クモ膜下出血とはその8割以上が「脳動脈りゅう」という血管にできた瘤(コブ)が破裂して脳内出血してしまう事が理由となって発症する深刻な病気として知られるようになりました。

Categories: 未分類
Comments Off on 神経細胞

Categories