Skip to Content

生命活動

2017年5月9日 • 雑学

子どもの耳管の仕組みは、大人のそれと比較して太めで短めで、加えて水平に近いため、細菌が進入しやすくなっています。幼い子どもが急性中耳炎に罹りやすいのは、これが原因です。
体脂肪の量にはさして変化がみられず、体重が飲み食いや排尿などによって短時間で増減する時は、体重が増加すると体脂肪率(percent of body fat)は低くなり、体重が減ったら体脂肪率が高くなることがわかっています。
基礎代謝量というのは就寝中ではない状態で生命活動を維持していく(心臓、口や鼻からの呼吸、腎機能の活動、体温や筋緊張の維持等)ために要る基礎的なエネルギー消費量のことなのです。
「ストレス」というのは、「なくさなければいけない」「排除しなければいけない」ものと捉えがちですが、実を言えば、人は様々な場面でストレスを抱えるからこそ、生き延びていくことに耐えられます。
不整脈である期外収縮の場合、病気ではなくても症状が発生することがあるためさほど深刻な心臓病とは限りませんが、例えば発作が続いて起きる場合は楽観視できません。
吐血と喀血は口からの出血に違いはありませんが、喀血とは喉から肺を繋ぐ気道(呼吸器の一つ)からの出血のことであり、吐血というのは無腸間膜小腸より上部の消化管から血が出ることを指しています。
亜鉛は、細胞の遺伝情報(DNA)やタンパク質の合成に関わる特別な酵素や、細胞・組織などの代謝機能に必要な酵素など、約200種類以上の酵素を構成する物質として非常に大切なミネラル分です。
UV-B波は、UV-A波に比べて波長が短いという特性があるため大気中に存在するオゾン層を通る際にその一部が吸収されるのですが、地表に達したUV-B波は肌の表皮の内部で細胞のデオキシリボ核酸を傷つけたりして、肌に悪い影響をもたらしています。
ポリフェノールで最も有名な特長は水溶性のV.C.(ビタミンC)や脂溶性のビタミンEなどとは異なっていて、細胞と細胞の間の水溶性部分、脂溶性部分、ひいては細胞膜でも酸化しにくくする作用をいかんなく発揮するのです。
毎日ゴロンと横向きになったままテレビを眺めていたり、机の上で頬杖をついたり、かかとの高い靴等を履くという習慣は体の左右の均衡が乱れる大きな誘因になります。
普通は水虫といえばまず足を想像し、ことさら足の裏に現れやすい病気だと考えられていますが、原因菌である白癬菌が感染する場所は足しかないのではなく、体の様々な部位にかかる恐れがあるので気を付けましょう。
過飲過食、体重過量、運動不足、遺伝、不規則な生活、心身両面のストレス、加齢など様々な素因が混ざると、インスリン分泌が減ったり、働きが鈍化したりして生活習慣病と言われる方の2型糖尿病(ICD-10:E11)を発病するのです。
アミノ酸のグルタチオン(Glutathione-SH、GSH)は、細胞の機能を不十分にしたり突然変異を誘発する人体に対する有害物質を体の内部で解毒し、肝臓の役割を促すような特性が確認されています。
学校や幼稚園などの集団行動をする中で、花粉症が原因で他の友達と同様に外でエネルギッシュに運動できないのは、患者である子どもにとっても辛いことです。
もし婦人科の血液検査で現時点での卵胞ホルモンなどの分泌量が基準値よりも足りなくて早発閉経(そうはつへいけい・POF)と判明した場合は、不足している分の女性ホルモンを足してあげる治療等で良くなることができます。

Categories: 未分類
Comments Off on 生命活動

Categories